高次脳機能障害

未分類

交通事故によって脳に物理的なダメージが生じてしまうと高次脳機能障害として診断されるでしょう。こちらは記憶力が落ちてしまったり、計画の段取りをすることができなくなるなどの症状が出てしまうことです。感情を上手くコントロールすることが困難になるケースもあります。健常人と同じような行動をすることが困難になってしまうのです

寝たきりあるいは遅延姓意識障害というものもあります。こちらは寝たきりになってしまう状態のことです。食事を取ったり、歩行することが難しくなってしまう症状のことです。いわゆる植物状態のことです。高次脳機能障害の原因は新皮質の損傷なのですが、遅延姓意識障害については辺縁皮質の損傷が原因となっています。

高次脳機能障害が残っているかどうかの基準としては、まず事故後に意識がなくなることがあった場合です。昏睡や半昏睡が6時間以上あったり、意識障害が1週間継続する場合などです。あるいは怪我の診断として脳の損傷に関する診断名がついていた場合です。さらに失語や失行、失認といった症状が出ている場合には高次脳機能障害になっていると考えられるでしょう。

どのような障害が出ているのか医師の所見や周囲の人から見た症状の拾い出しが必要となります。