目や耳、鼻の障害

未分類

傷だらけ交通事故によって目や耳に障害が残ってしまうことがあります。目の障害としては、視力や目の調整機能、眼球の運動機能、視野といったさまざまな項目に分類されています。それぞれについて障害の程度や態様が細かく規定されており、それによって等級認定されるのです。視力については、失明の有無やどのくらい視力が低下したかによって等級が認定されることになります。第1級1号は両眼が失明した場合です。

耳に障害が残ってしまうこともあるでしょう。この場合は耳殻を失ってしまったり、聴力障害が生じてしまうことがあるのです。耳漏や耳鳴りが残ってしまう場合もあります。また、耳というのは三半規管があるため、こちらに障害が出てしまうと平衡機能障害に陥ってしまうこともあるでしょう

耳鳴りについては独自の審査によって障害として認定される可能性があります。その際には難聴が伴っている必要があるため、そちらの検査も行います。耳漏というのは耳から分泌液が漏れ出てしまうことです。手術によって治療をして、それでも耳漏があり、さらに難聴がある場合に障害とみなされるのです。

さらに鼻に障害が出てしまうこともあるでしょう。こちらは鼻が欠損してしまったり、嗅覚脱失や嗅覚減退、鼻呼吸といった症状が出てしまうのです。

高次脳機能障害

未分類

交通事故によって脳に物理的なダメージが生じてしまうと高次脳機能障害として診断されるでしょう。こちらは記憶力が落ちてしまったり、計画の段取りをすることができなくなるなどの症状が出てしまうことです。感情を上手くコントロールすることが困難になるケースもあります。健常人と同じような行動をすることが困難になってしまうのです

寝たきりあるいは遅延姓意識障害というものもあります。こちらは寝たきりになってしまう状態のことです。食事を取ったり、歩行することが難しくなってしまう症状のことです。いわゆる植物状態のことです。高次脳機能障害の原因は新皮質の損傷なのですが、遅延姓意識障害については辺縁皮質の損傷が原因となっています。

高次脳機能障害が残っているかどうかの基準としては、まず事故後に意識がなくなることがあった場合です。昏睡や半昏睡が6時間以上あったり、意識障害が1週間継続する場合などです。あるいは怪我の診断として脳の損傷に関する診断名がついていた場合です。さらに失語や失行、失認といった症状が出ている場合には高次脳機能障害になっていると考えられるでしょう。

どのような障害が出ているのか医師の所見や周囲の人から見た症状の拾い出しが必要となります。

精神的な後遺障害

未分類

悩む女性交通事故後遺障害の種類として精神的な症状が認められることがあります。交通事故というのは身体的に障害が出てしまうだけではなくて、精神的にもさまざまな障害が残る可能性があるのです。たとえばPTSDに悩まされることがあります。こちらは突然の不安に苛まれてしまうという症状のことです。これからの生活のことや怪我のことなどについて悩んでしまうこともあるでしょう。うつ病になってしまうこともあるのです。

>基本的には交通事故が原因であると認定されることによって、精神障害の認定等級を受けることができます注意点としては精神障害というのは交通事故で脳の組織に直接物理的なダメージがない場合のことです。もし脳に直接ダメージがあることが原因となっているならば、それは器質性精神障害と呼ばれており、高次脳機能障害として診断されるでしょう。こちらと精神障害は別物です。

交通事故による障害

未分類

交通事故というのは恐ろしいものです。特に車による事故の場合は被害が甚大なものに発展しやすいでしょう。最悪の場合は死に至ることもあるでしょう。死ななかったとしても、大怪我してしまったり、障害が残ってしまうことがあるのです。交通事故による障害というのは、身体的なものもあれば、精神的なものもあります。さまざまな障害が残ってしまう可能性があり、それに苦しんでいる方はたくさんいます。そのため、被害者は加害者に対して損害賠償を請求することができるのです。

交通事故の被害による後遺症のことを後遺障害といいます。こちらはさまざまな種類が存在しています。障害認定等級というものがあり、これによって等級ごとに損害賠償の額の目安が決められているのです。これに基づいて実際に示談金を請求することになります。

交通事故交通事故で後遺障害を負ってしまうと、その人は生活にさまざまな支障が生じてしまうでしょう。これまで通りに仕事をすることができなくなってしまいます。その損害というのはとても大きなものとなるでしょう。そのため、障害の程度によって高額な慰謝料を請求できることもあるのです。

こちらではそんな交通事故による後遺障害の種類について説明しましょう。実際にどのような障害があるのかを解説します。さまざまなタイプの障害があり、それぞれ明確に定義されているのです。もし交通事故の被害にあってしまったならば、後遺障害が残っていないのか確認することが大切です。その際に役立つ情報を提供しましょう。